今年のバレンタインはminimal(ミニマル・渋谷/富ヶ谷)のbean to barチョコレートにしてみた

バレンタインのチョコレート毎年悩みますよね。

今年はおしゃれでしかも珍しいものがいいなーと探し、昨年オープンしたばかりのbean to barチョコレート専門店の「minimal(ミニマル)」で購入しました。

スポンサーリンク

minimal(ミニマル)渋谷・富ヶ谷

image

お店は渋谷の富ヶ谷にあります。道路に面してますが静かな雰囲気。

最寄り駅は代々木公園駅。私は渋谷から歩きましたが遠かったです。

お店に入ると店員さんがチョコレートについて親切に説明してくれました。うかがったときには全てのチョコを試食することが出来て、初めて買うときにも安心でした。
こちらのチョコレートは近年トレンドのbean to barチョコレートの専門店。

image

bean to barとはカカオの買い付けから焙煎、製造の全てをショコラティエが行って作られるもの。

以前に紹介したマストブラザーズなんかもそうです。

https://www.g-d-gifts.info/sweets/mastbrothers/

カカオ豆と砂糖だけでつくられるチョコレートはどれも今までに食べたことのない味でした。

それぞれカラーと名前がつけられており、カカオ豆と砂糖だけなのにこんなに味が違うとはちょっと驚きでした。

ざくざく、しゃりしゃりとした食感が特徴的ですが、水色のコンチはコンチングされているので、一番よく食べるチョコレートに近い味わいで、口どけなめらかでした。

プリミティブはレーズンみたいな、フルーティーな味わい、ナッティーはアーモンドみたいな味わいなどカカオ豆と砂糖だけなのに不思議とそんな味がして不思議。

今回はコーヒーにも合い、甘すぎないということでナッティーにしてみました。

image

パッケージもロゴもおしゃれですよね。パッケージは保存もしやすい優れものなのでゆっくり少しずつ味わえそうなのもいいですね。

プレゼントは黒の紙袋に入れてくれました。

喜んでもらえるといーなー。

ミニマルWEBSITE  http://mini-mal.tokyo